先日、下田地域ケアプラザのケアプラザ祭りで、イベントを行いました。

「参加された方が、何かお土産になるような企画を」という依頼だったので、今回はワークショップ(WS)を開催することにしました。

 

「自分の足サイズ・足型を知る」

 

 

 

 

 

 

自分の足サイズを測る機会は、なかなか無いような気がします。

 そこで、

    • 自分の足の特徴である、サイズや足型を知る
    • 今履いている靴自分の足サイズに合っているのかどうか
    • 足にストレスのない、正しい靴の履き方とは

最近のスポーツシューズメーカーでは、自分の足サイズを測ることができるフォームシートを、サイトからダウンロードすることができるのです。

その用紙を利用して、「参加者同士でお互いの足サイズを測ってみよう」という企画にしました。

 

70代を中心とした女性を中心26名(うち男性6名)健康への意識が高い方々が集まってくださいました。

みなさん、熱心にメモを取られたり、質問もたくさんあがりました。

 

自分の足サイズ、思っていたよりも小さかった

実際自分の足サイズを測定してもらうと、

 

  • 思っていたより、サイズが小さかった  
  • 大きい靴は、足に良くないことは知らなかった
  • 靴サイズがDだった。今まで1サイズ以上大きいのを履いていた

多くの参加者の方は、足は変化をしている認識はあったものの、自分の足が思っていた以上に、サイズが変わっているのに、気づかない方が多かったようです。

 

日本の量販店で売られている靴は、2Eから4Eや5Eと足幅が広い靴が多いと思いませんか?

外反母趾や開帳足で足幅が広がってしまい、幅の広い靴しか履けない方には、4Eなど幅広の靴を選んでいると思います。

本当はもっとスリムな足なのに、大きめの合わない靴を履いているために、足幅はどんどん広がってしまうのです。

しかし、その足幅サイズ、本当に合っていますか?

足幅が広すぎる靴を履いていると、歩く度に足がつま先に滑って、趾や爪を痛めます。

左図の部分にタコができていませんか?できている方は、「開帳足」で横アーチが落ちている可能性があります。

心当たりのある方は、ぜひ一度、ご自分の足長と足幅や足囲を測定してみてください。

サイトからダウンロードできる、JIS規格の靴サイズ表で、本当の自分の靴サイズを知ることができます。

 

 

あなたの靴選びのポイントは?

WSに参加された方より、「靴は脱ぎ履きのしやすさだ」という声が聴かれました。

「脱ぎ履きしやすい靴を選ぶ」という方が選んでいたのが、スリッポンタイプの靴。

靴を新調した時は、足にフィットしていたとしても、履いているうちに履き口のゴムなどが劣化し、脱げやすくなってしまいます。

履き口の大きくなった靴の中では、足が歩く度に動くことにより、母趾(親指)・小趾(第5指)が変形してきてしまう、外反母趾や内反小趾の原因になってしまうのです。

 

・足のトラブルや健康を考えるならば、スニーカーなど紐のある靴を履く。

・靴の脱ぎ履きには、その都度きちんと紐をほどき、足にフィットさせて履くことを習慣化することが大切です。

 

将来の自身の健康を考えたら、靴の履き方ひとつでも、日ごろの地道な努力が大きなカギになると私は思うのです。

知識はあっても、日ごろから行動しなければ、足の健康維持には繋がりません。

自分の健康のために、今日からアクションを起こしませんか?

 

<関連記事>

日本人の多くが幅広の足?~開帳足とは~

足の相談会開催中!