身体の異変サインは、足裏からも発信されている

建物の基礎・土台は大事です。
基礎がきちんとしていないと、建物自体に無理な力・歪みや出て、
脆くなったり不具合が出ます。

自分の足に関心を持ちましょう

ヒトの身体の土台である足も、建物と同じように大事なのですが、
あまり意識されていません。

身体の上部になればなるほど、異常に関して敏感に察知しているものの、
足裏の異常には無関心な方が多い気がします。

最近ちょっと身体の不具合が続いている方、
ぜひ一度自分の足裏をチェックしてみることをお勧めします。

足爪は異常なしですか?
タコ(胼胝)やウオノメ(鶏眼)、踵などの皮膚の角質が溜まっていませんか?

別に痛みもないし、何ら生活に支障ないから、問題なしではありません。

フットプリントで、足裏を見てみよう!

フットプリントは、いわば「足裏のスタンプ」

・足裏のどの部分に体重がかかっているのか?
・足指(趾)は、きちんと地面に接地しているか?
・足型のタイプや足のサイズ(足長や足幅)が測定でき、
 適正な靴サイズもわかります。

足の健康相談で、多くの方のフットプリントを撮ってきました。
フットプリント初体験の方ばかりなので、みなさん、興味津々です。

<多くの方に、よく見られるもの>
・足指(趾)が、地面に接地していない「浮き指」
・土踏まず(足アーチ)がなく、ベタ足の扁平足
・踵や片足に偏った重心
              これらが単体だけでなく、複合しています。

フットプリントで、今起きている身体の異常を察知します。
身体の重心バランスの崩れ、足の機能状態などを知ることができます。

 

 

良く履いている靴が語る、身体の異常サイン

靴の状態でも、足の状態がわかります。

せっかく気に入って買った靴も、適切なフットケア・靴の履き方をしないと、
痛みが出て履けなくなるなど、靴が無駄になってしまいます。

靴底の減り方、履き口の状態などで、
靴の履き方や歩き方のクセを知ることができます。

靴底の踵やつま先の一部がすぐにすり減る、
                  インソール(中敷き)に穴が開く     など

「すり減る、穴が開く」のは、ピンポイントで圧力がかかっているサイン。

圧力がかかっている場所に対応している場所には、タコやウオノメがある。
皮膚がガサガサしていて角化層が厚くなっていることが多いのです。

赤ちゃんの足が、ぷよぷよとしているのは、脂肪組織が厚いため。
若い人ほど、足には脂肪層があるので、
タコやウオノメなどができても痛みが出にくいのです。

年齢を重ねるほど、足の脂肪組織が減り、足のカサが減ります。
足の骨との間のクッション性がなくなり、すぐ足裏の骨が地面につきやすく、
痛みが出やすいと言えます。

足の骨が底付きしてしまい、身体が守ろうと防御機能が働いて、
皮膚が厚くなり、タコやウオノメができます。

長年タコやウオノメをお持ちの方、
年齢を重ねると、皮膚が厚くなるスピードも、痛みの出かたも変わると思います。
正しいフットケアで、足を守ってあげましょう。

 

自身の健康のために、フットケアを実践しよう!

多忙な日々の生活に追われている方には、
なかなか自分の足までケアをするのは難しいかもしれません。

多忙で疲れているから、身体の不調があるのは仕方ないのではなく、
使いっぱなしにしている自分の身体を、時々メンテナンスをしてあげましょう。

まずは、自分の足の特徴・足のケア方法を知ること。
今の自分の足コンディションを知るのに、フットプリントをしてみませんか?

合わせて、足の本来の機能を発揮できるよう、
すき間時間でできる足のための運動や磨きをかけるケア方法(足活トレ)をお伝えします。

 

運動や食生活、睡眠も大事ですが、その中にフットケアも入れてあげてください。
入浴した時に、足指まできちんと洗ってマッサージと保湿。
日中のすき間時間に、足のための運動もやってみましょう。

毎日少しずつのケアが、数年後の自分の健康につながっていきますよ。

 

今の自分の足を知り、足をベストコンディションへ
足裏からの健康処方プログラム

フットチェック+フットプリント+お手持ちの靴の診断
+お悩み改善フットケアプログラム(足活トレ)

   3,000円/60分~

訪問について

基本訪問エリア
 横浜市都筑区・港北区の全域、
    青葉区・緑区・神奈川区・鶴見区の一部
 川崎市宮前区・高津区・中原区全域、
      幸区の一部

上記エリア内は、出張交通費は無料です。
エリア外であっても、訪問は可能です
    (別途、出張交通費加算します。詳細はお問い合わせください)

 

 

訪問は、基本的に軽自動車でお伺います。
訪問先に駐車スペースがない場合、近隣のコインパークを利用します。 
                                             (駐車料金のご負担をお願いします)

お問い合わせ・ご相談は、お気軽に

ちょっとしたことでも、お気軽にご相談ください。