親指(母趾)の爪が剥がれた!

足の親指の爪が剥がれたこと、ありませんか?

ストップダッシュを頻繁に繰り返す競技、サッカー、テニス、バスケットボールなどを楽しんでいる方、

足の親指(母趾)の爪がいつの間にか厚くなり、剥がれそうになった、剥がれたことはありませんか?

でも爪が剥がれても、本当に大丈夫なの? ちょっと不安になりませんか?

私は学生時代からバドミントン、現在はテニスを定期的にしています。

いつの間にか親指(母趾)の爪が厚く盛り上がり、ガバガバになったと思ったら、わずかなつなぎ目の動きで痛くて困ることが何度もあります。

これは、競技中に靴の中で足が前後にスライドするために、靴のつま先が頻回に親指(母趾)に衝撃を与え、爪が生まれる爪母にストレスがかかり、出血して爪の成長を妨げるためです。

爪母で出血しても、爪甲から見える頃は黒っぽく

手の爪は、1日に約0.1㎜伸びて、約半年の時間をかけて、爪全体が新しくなる。

足の爪の伸びるペースは、手の爪の半分程度。1年で足爪全体が新しくなるペース。

手の爪と同じように足の爪も切っていませんか?

足の爪を切る間隔は、手の爪より長くても大丈夫。

実は多くの人が、足爪の切りすぎで深爪(ふかづめ)になっているのです。

どうして爪が厚くなってしまうのか?

爪が生まれる場所は、爪の根元下の部分。爪母(そうぼ)といいます。

爪母から爪がゆっくりと成長し、足先に向け伸びていきます。

靴を履く時など、靴に足を入れる際、つま先を地面に打ちつけているなど、爪母部分に強い力がかかると、爪母の爪の成長が妨げられて、異変が起こります。

その結果、また新たな爪が生まれることにより、爪自体が2重になってしまいます。

見えている爪(爪甲:そうこう)の半分程度は、爪が厚くて2重になっていたとしても、多少靴に当たり感がある程度であまり問題ありません。

厚くなった爪は、どうなるのか?

しかし、つま先まで、あと1/3くらいになると、厚くなった爪甲が徐々に乾燥し、小さくなる。

爪甲周囲の浮き上りが目立つようになる。

浮いた爪甲がめくれるなど、ピンポイントで負荷がかかり、痛みが出ます。

その時は、浮いた爪甲サイドをテープで固定すると、一時的には痛みは治まります。

数日すると、徐々に爪甲のサイド部分が押し上げられ、厚くなっていた爪甲がポロリと剥がれます。

医療機関で処置はしてくれるけど・・

以前ネットで、このように分厚くなった爪について調べてみたら、

医療機関では、なるべく感染しないよう、厚くなった爪甲を切除する処置をするようです。

医療機関での足爪の処置は、結構痛みを伴う処置が多い気がするので、

私はあえて皮膚科等を受診し、処置を受けようと思いません。

分厚く乾燥しきった爪が、自然に脱落するのを待つのもひとつだと思います。

もちろん、なるべく足は入浴時にきちんとキレイにして、

感染しないようにすることは、怠らないようにします。

どうしても気になるなら、分厚く乾燥した爪を可能な限り、爪切りニッパー等で切り取れる部分をカットすれば、ある程度痛みは抑えられます。

本来の爪の長さより短めではありますが、足指(趾)の痛みが強くはなりません。

足指(趾)の踏ん張りの力に多少の違いはあるかもしれませんが、生活に大きな影響を与えることもありません。

足爪のトラブルは、フットケアのプロにお任せ

カラージェルで華やかな足元に

ご自身でのケアが難しいようであれば、ぜひフットケアのプロにお任せください。

厚くなって浮き上がった爪をカットして、人工爪で爪を整形することができます。

カラーのネイルジェルで爪甲を塗ってしまえば、他の足指(趾)と変わりない状態に。

足先を出すサンダル履きも、気になりません。

あなたの足爪は、どうですか?

気になるお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

<関連記事>

お問い合わせ・ご相談は、お気軽に

ちょっとしたことでも、お気軽にご相談ください。