革靴を履くことが多い男性にとっては、
靴ベラを使用することが多いと思います。

一方で女性は、パンプスなどスポッと履くタイプの靴が多いので、
意外と靴ベラの出番は少ないように思います。

私も靴ベラを使用することは、ほとんどありませんでした。

靴ベラ(シューホーン)

靴ベラの必要性を感じた出来事

先日、インソールを作成するセミナーに参加した時のこと。

参加者は、私と同じ看護師が最も多かったのですが、
その他に靴の販売者の方、義肢装具士さんなど、
いつも参加するセミナーとは違う業種の方とも、ご一緒しました。

業種により、同じことをするにしても、中心となる物への目線が違います。
靴屋さんは、靴についての知識や靴の着脱について、
実習の際に説明をしていました。

そこで靴を履くときに、さっと携帯用の靴ベラを出していました。

外出時には携帯用を持っていると便利

靴屋さんでは、靴ベラの使用が、常識なのでしょう。
でも靴について知識が薄かった私は、ちょっと感動しました。
それは、靴の履きやすさだけではなく、靴を大切にする心遣いに。

私は自分自身の足のトラブルから、
いろいろ足と靴について勉強をするようになりました。

今まで靴ベラのメリットを知らずに生活していた自分が、
ちょっと恥ずかしいと思いました。

足と靴を大事にするアイテム、靴ベラ(シューホーン)

どんな靴でも、靴は踵(かかと)部分が重要です。

踵がしっかりした靴は、歩くときに足の中心線・軸となって、
重心が不安定になる足首をサポートする役割があります。

靴を履くときに靴ベラを使用すると、
靴の踵部分に負担がかからないだけではなく、

スムーズに履けるのです。

スニーカーなど、
足の甲がしっかり覆われているタイプの靴には、

靴ベラを使用して靴を履いた方が、
足入れが良くて断然履きやすいのです。

履きやすさ優先での生活が、
足や靴を傷めていることに気がつきました。

私は趣味でテニスをしています。
テニス・シューズを新調した後、
何度となく足の拇(親指)の爪が剥がれるという経験をしました。

ネットで調べても、どうすれば良いのかわからない。
いろいろと情報収集の結果、以下の結論になりました。

特にストップダッシュを繰り返す、
テニスやサッカーなどのスポーツ時。

足が靴の中でずれると歩く度に趾(あしゆび)が靴に当たる。
そのため、爪に過度な圧迫刺激となります。
その結果、
爪が死んでしまいはがれてしまうのです。

見た目も悪いし、爪が剥がれきる前には、結構痛い。
何とかならないものかと思いました。

対処法としては、

インソールの使用と靴を履く時、紐をほどいた上で、
きちんと踵と靴を合わせて、紐を結ぶことを習慣にすることで、
爪を痛めて剥がすことはなくなりました。

意外と知らない、正しい靴の履き方

靴を履くとき、
紐のある靴では、紐をほどかないでいる方、多いですね。

そのまま靴に足を入れて、
つま先をトントンして履く。

それでは、足の甲が固定されず、
靴と足の間に空間ができてしまいます。

歩くたびに靴の中で、
足指(趾)が動いて靴に当たってしまいます。

正しい靴の履き方とは、
ひも靴の場合、ひもをほどいて全体的に緩めた上で足を入れる。

出典:足と健康のしおり 改訂版 財団法人 日本学校保健会より

踵を合わせトントン床を蹴って、足と靴を合わす。

足先側のひもから足の甲に合わせ、ひもを締めていきます。
最後に手前のひもを横に引っ張り、ひもを縛ります。

足に合った靴を履くこと、
そして、正しい靴の履き方をすること。

それが足のトラブルを悪化させない大事なポイントです。

日々の靴との付き合い方の習慣や、自分の足に関心を持つことが、
足の変形などのトラブルから回避することができるのです。

足のトラブルを悪化させないこと。
それは、いつまでも元気で活動できる身体のために必要なこと、

健康寿命を延ばす秘訣だと、私は思います。