靴は多少きつくでも仕方ない。
オシャレが優先だから、靴はトラブルがあってもあきらめるしかない。

そんな靴選びをしていたら、足に負担をかけるばかり。

外反母趾などの足の変形から、巻き爪やタコやウオノメ。
知ってはいるけど、具体的にどう対処したらよいのか?
正しい対処法を知っている人が少ないと思います。

年齢を重ねていくと、足の様子も変わってくる

私自身、最近自分で持っている靴や新たに買った靴でも、
歩いていても痛みが出たりするのが気になっています。

どの靴を履いても、納得いくものがないので、
どうしたものかと考えていました。

先日読んだ本、かじやますみこ著「健康長寿は靴で決まる」では、
足を怪我して手術をした著者の経験から、
日本で販売されている靴の現状や、
靴選びのポイントなどが紹介されていました。

靴に足を無理やり合わせている自分がイヤになり、
手持ちの靴を大幅に処分をしました。

正確な自分の足のサイズを知ることが先決

では「本当に自分の足に合った靴はどこに・・?」と
ネットで検索していたところ、
オーダーシューズの店が横浜駅にあるとのこと。

オーダーシューズといっても、
足囲をS・M・Lの3段階でサイズ展開をしており、
セミオーダーという感じのようです。

そこは3Dで足の測定をしてくれるようなので、
早速行ってきました。

平日の昼過ぎにお店を訪問。
お客さんは少なく、
すぐに3Dの測定器で、足のサイズを測定してもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで、私が選んでいた靴のサイズは24㎝。
左右差は多少ありましたが、足長はほぼ合っていました。

しかし、足の厚みがなく薄っぺらい足とのこと。
足幅は2E~3Eが適当とのことでした。

今回ベーシックな黒のパンプスが欲しいと思っていたので、
ヒール高5㎝の靴で24㎝足幅Mサイズの靴を試着。

右足の足長がやや大きいので、多少窮屈さを感じました。

そこで、別のサイズのものを試着。
24.5㎝の足幅Mだと足幅のゆとりはあるが、
足長が大きいので足が前に滑るせいか歩くと、脱げやすい感じがあり。
24㎝のLだと足幅のゆるみはあるけど、Mより歩くと脱げそうな感覚がある。

結局24㎝Mにすることにしました。
オーダーなので、買っても手元に届くのは1か月後とのこと。
届いてしばらく慣らして履いても、足幅がキツく感じるようであれば、
お店で幅を延ばすことができるそう。

取り合えず、商品が届いてから、
短い時間からの慣らし履きが大切のようです。

新品のパンプスはきつめであることが多いけど、
少しずつ慣らし履きをすることで、足になじませていく。

お気に入りの靴を長く履けるようにするには、
メンテナンスも大事。
壊れやすいヒールの部分もすり減っていたら、修理をしましょう。

パンプスはゆるみが出て、脱げやすいなどの状態になったら、
ゴムバンドなどで足と靴を固定すれば、足への負担が軽減されます。

ちょっとしたお手入れで、上手に靴と付き合うことが、
健康への第一歩なのです。