介護での離職をする前に

誰しも、介護問題は避けられない時代に

少子高齢化の現在の日本。
単身世帯や夫婦共働き世代の増加。

夫婦であれば、いずれ両親4人の介護をしないといけません。
兄弟が少ないので、親の介護を担う人数が少ないので負担大。

夫婦共働き、子育て真っただ中世帯。
高齢夫婦だけの世帯、など。
多くの人が、自分達の生活で精一杯の日々。

ある日突然、介護問題が自分に降りかかる!

親や家族は、元気で何よりですが、
それがずっと続くとは限りません。

介護生活は、ある日突然やってくる。
親のケガや病気、または、
配偶者や子どもの介護だってあり得ます。

 

私は、介護問題=自然災害と似ていると思います。

介護や災害について、自分の身に差し迫る段階にならないと、
あまり考えることがないと思います。

介護問題なんて、自分には関係ない。
それは違います。

家族がいれば家族の介護、
単身であっても、自分自身が介護をされる身となる可能性があります。

介護は決して他人事ではないのです。

予め医療・介護の知識があれば、慌てずに済む

日常で介護に縁がなければ、知らないのは普通のことでしょう。
しかし、突然降りかかる介護問題に対処するには、
事前に予備知識があると安心です。

確かに介護のスタート時点は、何から手を付けていけばよいかわからず、
介護生活に軌道に乗せるだけで、本当に大変です。

医療機関や役所などへの相談、介護サービス事業者とのやり取り。
本当にやることがいっぱい。

ケースバイケースですが、
介護スタート1~2か月が一番大変と言われています。

でも、事前にどうすればいいか、介護の正しい知識があるだけで
パニックにならずに済みます。

家族に介護が必要になっても、仕事は辞める(介護離職をする)べきではない!

介護をひとりで抱えるのは、限界があります。
公的保険である介護保険を上手に利用して、介護負担を少しでも軽減しましょう。

とにかく、目の前の介護に振り回され、
自分の生活はもちろん、仕事や他の家族への影響も出てくると、
「仕事を辞めてしまえば、楽になるのでは?」と思ってしまいがち。
上司や同僚に介護について相談もなく、退職を選んでしまう介護離職。

ちょっと待った!その介護離職。
近年は、介護休業など法整備も進んできました。

「会社で介護休業などの前例がない」と言われても、
いつかは誰でも、家族などの介護に係わることだってあるのです。

あなたが会社内で最初の介護休業を取得者になり、
後に続く同僚のモデルとなり、理解者を広げていきましょう。

一時的に業務量が増えたり、業務をシェアしなくてはなりませんが、
それは一時的なもの。
介護が終われば、元の就業形態で継続就労してもらえるのです。

職場内で「介護問題はおたがい様」という職場環境ができれば、
介護離職せず、介護休業や時短勤務・部分休業など、
その方にあった休業で、仕事を継続してもらうことが良いのです。

介護離職してしまったら、
介護が終わった後で、同じ条件での再就職はかなり難しい。
介護終了後の介護者の生活が困窮するケースも多いのです。

人材不足の今、介護離職は経営者や雇用主には、
新しい人材募集のコストや育成の手間などの労力がかかります。
また業務を円滑・効率的に進めるにあたり、
在職年数がある人と新人職員では、業務進行のスピードは雲泥の差です。
何よりも事業実績が変わってきます。

BLUE*GREENでは、
介護について知っておけば安心な情報から、

良くある介護離職の失敗談などをお伝えする勉強会を開催します。

決して他人事で済まされない介護問題。
余裕のあるうちから、知っておけば安心セミナーです。

少人数でもOKです。ぜひ、ご相談ください。

 

<お問い合わせ・ご相談はこちらへ>

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 訪問看護BLUE*GREEN All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.