子どもの靴は、多少大きくでも仕方ない?

「子どもの靴は、
成長とともにあっという間に履けなくなるから、
多少大きいサイズでも仕方ない」
そう思っていませんか?

 

足のサイズに合わない靴を履くということは、
成長を妨げるだけではなく、
関節や骨がまだ柔らかい子どもにとって、
足を変形させてしまう要因になってしまうのです。

私自身も、自分の子どもに大きめの靴を履かせていました。
子どもの足首に捻挫(ねんざ)を起こす原因になります。

また、足指・趾(あしゆび)が、縮こまってしまうハンマートゥになりかけたり、
足首が不安定になり、何度も捻挫をさせてしまうという失敗がありました。

 

子どもが小さければ小さいほど、
足の苦痛や異常を訴えることは難しいです。

その分、親が足の状態をチェックして正しい靴選びをすることを
子どもの代わりにしなければなりません。

日本では、正しい靴選びや履き方を学ぶ機会がない

靴の先進国、ドイツでは子ども用の靴屋さんでは、
長時間でも、子どもが飽きないように
おもちゃなどの遊具があるそうです。

子どもであっても、靴を購入するときには、
しっかり靴の試し履きをした上で、購入をすることが普通なのです。

私自身の経験では、
靴の選び方や履き方について学ぶ機会が、
今までなかったように思います。

そのため、何となく
靴のデザインや価格を中心に選んでいるのではないでしょうか?

 

子どもだけではなく、大人でも足に合わない靴を履くことは、
肩こりや腰痛など、身体の不調の原因になっているのです。

子ども時代にきちんと足と靴の付き合い方を知り、
しっかり足の成長発達を遂げておくことが大切です。

そうすれば、後の人生で身体の不調に悩まされるリスクが減らせます。

 

 

自分の足について関心を持つことが、健康への第一歩

自分に合っていると選んだ靴を履いたのに、
運動すると母趾(ぼし)足の親指の爪が浮いて剥がれる、
足の裏や足指に靴ずれができるようになりました。

足のトラブルの原因と対処法を調べることから、
足と靴の関係を勉強をすることにより、
正しい靴選び・靴の履き方の重要性を痛感しました。

そして、靴を足が一体となることにより、
自分が持っている力を発揮することができます。

すなわち、
ベストなパフォーマンスが可能になるのです。

 

子どもも大人も、靴選びの注意点は同じ

今量販店で売られている靴の多くは、
いろいろなメーカーが製造している既製品。

靴のタイプ・デザイン・メーカーにより、
同じサイズでも履き心地は違います。

その中から自分に合った靴を選ぶのは、
かなり難しいと感じます。

シューフィッターさんがいるお店で、
きちんと自分の足について相談。

靴のプロの目でチェックとアドバイスをもらいましょう。

靴の特徴を把握した靴のプロが、足や靴の気になる点を解消し、
足に合った靴を多くの靴から選びやすくなります。

自分のサイズだけが全てではありません。
前後のサイズも試着しましょう。

まずは、正しく靴を履いた上で、店内を歩く。
試し履きをすることは忘れずに。

きちんとした子どもの靴選びを知るには、
親である大人が正しい靴選びと履き方を知ることが先決です。

 

訪問看護BLUE*GREENでは、
シューカウンセラー資格を持った看護師が、
足サイズを計測し、靴選び・履き方を実習を交えてお話します。

生活の中で、子どもの足を育む秘訣も
アドバイスします。

 

例えばこんなお悩みをお持ちの方
  • 自分の足の状態を知りたい
  • 手持ちの靴が自分に合っているかどうか見てほしい
  • 足の爪と足指(趾)が普通と違うような気がする
  • 子どもが靴を履くと痛がる、歩くのを嫌がる

 

 

個人だけではなく、お友達と一緒に、サークルなどの仲間で、
ある程度まとまった人数でのご相談の方がおトクです。

ひとりずつの相談・レクチャーから、
みんなでワイワイとワークショップスタイルでも、ご要望をお聞かせください。

会場は、お好きな場所へお伺いします。

 

その他、何かご不明な点・リクエストなど、
下記のお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

 

<関連記事>

子どもは裸足で、足裏感覚センサーを発達させよう
子どもの足を育む方法とは?
女性のための足活講座・彩足健美(さいそくけんび)

 

 

 

お問い合わせ・ご相談は、お気軽に

ちょっとしたことでも、お気軽にご相談ください。