ご相談例①

いつの間にか、足爪が厚くなっていて、爪切りで切れない。
何かしらの病気であれば、医療機関を受診すればいいけど、
いったい何科に行けばいいのかしら?

分厚くなって切れない足爪や
タコやウオノメなどは、
病院で何とかしてくれるのかしら?

皮膚科や整形外科などでは、爪切り処置をしてくれる所もあるようですが、
医師により処置の仕方は、まちまちなのが現状です。

フットケアの専門家は、
ネイルケア専用マシンを使って、分厚くなってしまった爪を整えたり、
タコやウオノメを削ったりして、フットケアを行います。

訪問看護BLUE*GREENでは、
ドイツ式フットケア・フススレーゲの資格を持った訪問看護師が、
ご自宅まで訪問し、フットケアをおこないます。

外出・移動が困難な方、自宅でリラックスしてケアを受けたい方には、
訪問フットケアはお勧めです。

ご相談例②

高齢の親は、認知症や複数の病気を抱えているので、
親の介助をしつつ、受診などで外出することは難しい。

介護サービス先で、フットケアをしてもらいたいが、
なかなか足爪のケアをしてくれないので困っている。

ご家族だけでなく、ケアマネジャーさんなど介護サービスの方からも、
訪問のご相談は大歓迎です。

ご利用先の施設の了承が得られるのであれば、介護施設への訪問も可能です。

ご本人様の身体や生活の状況など、できるだけ情報をいただければ、
安心してフットケアを受けられる環境づくりを目指します。

訪問看護BLUE*GREENでは、ご本人・ご家族の了承の下、
他の事業所との連携を積極的に行います。

 

上記の相談内容は、一例です。

もし、訪問フットケアを受けてみたいと思ったら、
下記のお問い合わせフォームまたは、お電話でお気軽にご相談ください。

合わせて、こちらもご覧ください。
>>フットケアを受けてみたい方へ

 

 

 

お問い合わせフォームは、こちらから>>